重仮設に特化した丸藤シートパイル㈱オリジナルBIMシステム

丸藤シートパイル株式会社は、BIMを中核としたDX戦略の先駆けとして重仮設業に特化したBIMシステム「M-craft」の運用を2024年4月15日より開始。

重仮設に特化したBIMモデル作成システム「M-craft」と最適化されたファミリ群により、BIMモデル作成ニーズに迅速に対応。

重仮設業に特化したBIMシステム「M-craft」

「M-craft」の特徴

  • 各種自動配置機能により、だれでも及第点レベルのモデル作成が可能
  • 「Revit2002」をベースとしたアドオンプログラム
  • 2D CADよりも作図作業を効率化

「M-craft」を一つの軸に、DXを積極展開、建設業界の労働生産性向上に貢献

丸藤シートパイル株式会社によるコメント

「M-craft」には、弊社がこれまで積み上げてきた『技術』が凝縮されており、設計者を強力にアシストする多様な機能は、経験に依存することの無い高精度のモデル作成を可能とします。

「M-craft」は業務プロセスの一貫性と効率性に革新をもたらすだけではなく、お客様へのサービス品質の向上に寄与すると確信致しております。

 弊社は「M-craft」を一つの軸に、DXを積極展開し、建設業界の労働生産性向上に貢献してまいります。

M-craft

お問い合わせ先

steelnavi コンテンツ